包茎で悩む人の情報交換サイト

包茎は性器の先端が皮膚に包まれている状態を指します。包茎の治療について、ホームページでご紹介しています。通常、性器は成長に伴って皮膚が後退し、個人差はありますが成人の多くは性器の先端が常に露出した状態になります。しかし、皮膚に包まれた状態のまま成長を続けることもあり、医学的な定義に当てはまる包茎の状態になります。勃起した際に皮膚が後退して性器の先端が露出した状態が保たれている場合は身体機能に問題はありません。しかし、勃起しても性器が皮膚に包まれ、更に人為的に皮膚を後退させようとすると強い痛みを生じる場合は性器の機能に障害を及ぼす場合があります。皮膚に包まれることで刺激に対して鈍感になり、性行為による射精が困難になります。また、常に皮膚に覆われることで老廃物が蓄積し、性器が不潔になって悪臭や炎症などが生じることがあります。汚れた性器の挿入で膣に悪影響をもたらす事もあるので、皮膚を取り除く外科手術を要する事態に発展する場合もあります。カントン包茎は人為的に後退させた皮膚が性器の途中で引っ掛かるため自由に皮膚を移動させることができません。引っかかった皮膚が性器を圧迫して血液の流れが悪くなることがあるため、手術を行うのが最良の解決方法になります。カントン包茎の手術は医療保険の対象になりますが、費用については事前に確認をしておくことが大切です。また、個人の体質や性器の状態によっては手術ができないこともあるので必ず検査を受けるようにします。実際に皮膚を切除する外科手術を受けた後は性器に刺激を与えないように気をつける必要があります。勃起や性行為によって傷口が開き、細菌に感染して炎症などを引き起こす事があるので日常生活において気を配ることが大切です。皮膚を取り除いても常に性器を清潔に保ち続ける他、定期的に検査を受けて状態を確認する必要があります。包茎になる原因の多くは遺伝とされていますが、生活習慣も性器の皮膚を増幅させる一因になっています。性器の皮膚も体の他の部分と同様に、常に成長を続けています。性器を覆った状態のまま成長することで皮膚もそのままの形状を保ち続けることになるので、意識的に性器の皮膚を後退させることが包茎予防の方法の一つです。また、極度の肥満で皮膚が押し出され、結果的に性器が皮膚に覆われてしまうケースもあります。自慰の方法によっても性器の皮膚が増幅してしまうことがあるため、特に若年層の男性は自慰の方法に注意する必要があります。

MENU

包茎で悩む人の情報交換サイト